大阪府吹田市の鍼灸院|頭痛・めまい・突発性難聴・耳鳴り・顎関節症・肩こり・頚肩腕症候群・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛
オフィシャルブログ

顎関節症と鍼灸①

" 顎関節症と鍼灸 "

2018年2月15日

顎が痛そうな人

顎関節症ー【がくかんせつしょうと読みます。

 

「顎関節症!ガクカンセツショウ!がくかんせつしょう..」何だか早口言葉のようですね。(私だけ?)

 

今回から『顎関節症と鍼灸』というテーマでお話します。

 

結論からお伝えします。

Q.「鍼灸(しんきゅう)で顎関節症が良くなるの?」

 

A.「高い確率で改善されています。」

意外と多い“顎”のトラブル

大きく開いた口

みなさんの顎(あご)は大丈夫ですか?

  • 顎に痛みが走る(顎関節や筋肉が痛む)
  • 口が開けづらい(途中までしか開かない)
  • 顎から音がする(カクンカクン・ザラザラ)

このうち、1つ以上の症状があれば顎関節症かもしれません。

 

このような症状、『一度は経験したことがある』という方は意外と多いと思います。

実は顎関節症の症状は2人に1人が経験すると言われています。(人口の半分が経験あり?)

 

しかし多くの場合、症状が出たとしても悪化することなく自然と治ってしまう方が多いので、それほど深刻に考える方は少ないのではないでしょうか?

 

その一方で、長年『顎のトラブル』に悩んでいる方が多い事も、事実です。

 

当院(鍼灸院)に来院される患者さんも、顎にさまざまな問題を抱えて来院されます。

・Aさんー「口が開きづらく、引っかかる感じがある」

・Bさんー「口を開けると、耳の穴の前辺りが痛む」

・Cさんー「歯ぎしりが酷く、痛みを伴う」

・Dさんー「気がつくと、いつも噛み締めている」

 

また、これらの『顎のトラブル』を抱えて来院される方の多くは、同時に・頭痛・肩こり・背中の痛み、などの症状も訴える方が多いのも事実です。

なぜ?顎関節症で鍼灸院?

一般的に『顎』にトラブルが発生すると、歯科クリニックを受診される方がほとんどだと思います。

マウスピース

『噛み合わせの問題』で歯を削ってもらったり、『スプリント療法』いわれるマウスピースのようなものでの対処が多いのではないでしょうか。

 

これらの治療は「歯の噛み合わせ」が顎関節症の原因だと考え、噛み合わせを良くすることにスポットをあてた治療と考えられます。

 

確かに、

歯を削ってもらって、顎の症状が改善した

スプリントやマウスピースで改善した

という方も、多いでしょう。

 

これらの治療で解決できる方もいれば..「いろいろ試してみたが症状が改善されない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方の多くが「最後の手段?」と考え、鍼灸院にやってこられるのではないでしょうか?

「鍼灸」で顎関節症は治るのか?

どこに行っても良くならなかった方の最大の疑問が、「鍼灸院で治るのか?」だと思います。

もう一度、言います。

 

「高い確率で改善しています。」

 

しかしながら、「100%と治る」という訳ではありません。

ここで「絶対、良くなりますよ」と言いたいところですが、それではウソくさいですし、実際ウソになると思います。

 

医療に100%はありませんから..。

 

それでも、何件も歯医者をまわり、あらゆる治療法を試した方が最終的に鍼灸を選ばれて改善しているのをみれば、極めて高い確率で改善されるということが証明できると考えています。

 

今回はこの辺で・・。

 

 

◎当院の治療例▶︎顎関節症の症例»

◎当院の体験談▶︎患者さまの声»

 

 

次回

顎関節症と鍼灸②

に、つづく。

この記事を書いた人

はりきゅうroom タスケ

院長

1985年生まれ。高知県出身。中学校からバドミントンを始め、今でも社会人バドミントンをやっている。

18歳、鍼灸の専門学校へ入学。

21歳、はり・きゅう師免許取得。

23歳、ヨーロッパ一周ひとり旅。

27歳、世界一周ハネムーンに出発。

31歳、大阪府吹田市で『はりきゅうroom タスケ』をスタート。

カテゴリー: 顎関節症と鍼灸. タグ: , .
  • 06-7181-1866
  • オフィシャルブログトップ
  • ブログカレンダー
    2019年3月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り
Twitter