大阪府吹田市の鍼灸院|頭痛・めまい・突発性難聴・耳鳴り・顎関節症・頚肩腕症候群・梅核気(ヒステリー球)・ばね指

耳鳴りと難聴が、ストレスで悪化する

症状

1ヶ月前、仕事の移動中に左耳に「ゴォー」と、普段聞かないような音が鳴り始めた。翌日になっても鳴っていたので、耳鼻科で検査をしたところ「突発性難聴」と告げられた。ステロイドの服用を10日間しても、耳鳴りがうるさくて耐えられない。 紹介された病院に入院してステロイドの点滴、高圧酸素療法を行なったが、高音域の聴力が戻らず「チッー」と高音の耳鳴りは改善されない。 仕事のストレスで耳鳴りが悪化するのと、人混みの中だと聞こえづらくて煩わしく感じる。 退院後も星状神経節ブロックを試しているが、他の方法も試してみようと思い来院された。

  • 来院者

    男性

    50 代

  • 期間

    2020年2月 ~ 2020年3月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    10回

施術と経過

頚部の筋肉に強い緊張が見つかったので手と足のツボを使って緩めた。直後、耳鳴りが20%程強くなる。膝のツボを追加して、初回を終えた。 4回目、仕事中も耳鳴りは意識しなければ忘れられるようになる。手のツボを追加したところ「左耳が温かく感じる」と感想を得る。 その後、耳鳴りが強くなることもあったが、10回目で耳鳴りが気にならない程度に改善され、聞こえづらさを煩わしく感じないようになった。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

耳の症状を発症前、休みを取らずに働き詰めだったと言う。精神的な緊張状態が続いていたことで、身体への緊張も現れていた。耳への血流を良くすることを目的に身体の緊張を緩めた。

担当スタッフ

  • オフィシャルブログトップ
  • ブログカレンダー
    2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り
Twitter