大阪府吹田市の鍼灸院|頭痛・めまい・突発性難聴・耳鳴り・顎関節症・肩こり・頚肩腕症候群・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛

顎関節症

顎関節症でお悩みの方 歯科や病院へ行っても直らない方がタスケの施術で改善しています。

このような症状はありませんか?

  • 口を大きく開けることができない
  • 口の開閉時にカクッ・ピキッなど音がする
  • 朝起きた時、顎が痛だるいことが多い
  • 歯ぎしり・食いしばりがある
  • 頭痛・肩こりを感じている
  • あくびをすると顎が痛む

ご相談ください。あなたと同じように顎の症状で悩んでいた方がタスケの施術で改善されています。

顎関節症とは?

20〜30代がピーク、女性に多い

 

顎の関節(顎関節)周辺に何らかの異常がある「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開かない」などの症状が慢性的にある疾患をいいます。

子ども〜高齢者まで幅広くみられますが、年齢では10代半ばから増え始め20〜30代が多く、女性は男性の2〜3倍。

 

なぜ女性の方が多いのかはよくわかっていませんが、女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く痛みにも敏感なことが関係している。

顎関節症のチェック

口を開けた時に、自分の指が何本入るでしょうか?指を縦に並べて口の中に入れてみてください。

正常な方であれば指が3〜4本は入りますが、顎関節症であれば1〜2本しか入らない場合があります。

 

原因は複数

一般的には、顎関節症の原因はさまざま考えられ、それらの原因が重なり合っている場合が多いといわれています。

 ◎姿勢の悪さ

 ◎噛み合わせ

 ◎精神的ストレス(歯ぎしり・くいしばり)

 ◎外傷(ぶつけたなど)

 ◎その他の病気

顎関節症の方に多い「TCH」とは

最近の研究では、顎関節症の方に多くみられるクセがあると言います。

それが「歯の接触」です。

TCH

 

≫Tooth Contacting Habit

(歯を接触させる癖)

歯の接触

人は何もしていない時(リラックス時)、上下の歯は接触しておらず、唇を閉ざしていても上下の歯は接触していないのです。

 

本来ならば、食事中の咀嚼(噛む)運動や、会話中に瞬間的に触れ合う程度です。

 

ところが何かの作業中や、考え事をしている時に、無意識に上下の歯が接触している人がいます。

 

上下の歯を軽く接触させただけあっても、筋肉は働いてしまいます。つまり、上下の歯が接触している時間が長ければ長いほど、筋肉は働き続け、疲労することになります。

 

筋肉が疲労した結果、顎関節への血行が悪くなり顎関節症を引き起こす、という訳です。

 

しかし、このクセがあるかといって、必ずしも顎関節症になるわけでもありません。

TCHも原因の一つの因子であり、たまたま顎関節症の方に多いとされるクセなのです。

病院での一般的な治療法

一般的にはスプリント(マウスピース)の治療を行います。痛みの強い時には鎮痛剤の投与も行われます。症状の改善が見られない場合には外科手術が行われます。

タスケが考える顎関節症の原因

顎関節症の原因

ここからは、タスケの視点でお話します。

当院では、顎関節症の方に共通してある特定のコリに注目しています。

 

顎と肩甲骨は非常に関係が深く、首・肩・背中の筋肉が緊張することで、顎の筋肉緊張をまねきます。自覚の“ありなし”に関係なく首・肩・背中にある顎関節症の方、特有のコリを解消することで、顎周囲の緊張を解いてゆきます。

 

また、顎関節と背骨(脊柱)は連動していることから、背骨の歪みは顎関節の動きに影響を与えます。背骨の動きが悪くなると、同時に顎関節の動きも悪くなり本来のスムーズな動きを失います。

 

さらに、当院では「なぜ?」顎に負担がかかっているのかを問診・触診・動作分析により徹底的にみつけだし、根本となる原因にアプローチします。

症状の出ている「顎」だけを診るのではなく、患者様のクセや生活習慣などのバックグラウンドまで「全体」を診るようにしています。

 

顎に影響を与える、首・肩・背中の動きを取りもどすことで、顎関節への負担を取り除き、顎関節症の原因を根本から解消します。

施術について

当院では顎関節症の方に共通した特徴に注目して、施術を行っています。

【凝りを解消】

顎関節症の方に共通した“特徴的なコリ”に注目しました。コリを解消することで顎の症状も改善が見込めます。

 

肩こり

 

 顎関節

【顎関節の調整】

顎関節と背骨(脊柱)は連動している関係から、背骨(脊柱)の調整を行うことで顎関節をも整えることが可能です。

顎関節に密接に関わっている肩甲骨の凝りと、背骨(脊柱)を整える施術を行うことで、顎関節に掛かる負担を減らすことができます。なかなか改善されない顎関節症でお困りの方は、当院にご相談ください。

顎関節症のツボ

当院では症状の出ている所にハリをすることは、ほとんどありません。ハリをした所は一時的にゆるみますが、原因が他にある場合また元にもどってしまいます。

 

なかなか改善されない顎関節症に対しては、部分だけを診るのではなく、全体を診ることが大切です。

 

お一人お一人にあわせ、最も効果の出せるツボを選ぶようにしています。

また、一度の施術で使用するハリは3〜7本(箇所)までです。

【顎関節症】ツボのイメージ(前面) 【顎関節症】ツボのイメージ(後面)
 使用するツボのイメージ

患者様の声

H.Tさん
37歳 男性
京都府/大山崎町
2018/05/03

ハリというとやはり痛そう怖いイメージがあったのですが、優しい受付におしゃれな院内に音楽で、安心して受診させてもらいました。

 

実際にハリをうってもらうと、独特のズーンという響くような感覚がありましたが、思っていたような痛みはなかったです。うってもらうごとに痛みがなくなり、今は痛みがありません。ありがとうございました。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

T.Yさん
32歳 女性
大阪府/吹田市
2017/10/06

アゴが痛いのに、手首のあたりにハリをしていて“?”と思いましたがすぐに、口を開ける動きが楽になり、痛みもなくなりました。手で触った感じも変わっていて、良くなったのが実感できました。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

当院の治療例

実績を証明するため、一部の症例を公開しています。

関連ブログ記事

<顎関節症と鍼灸>

〜顎関節症は鍼灸で治る?〜» 

〜顎関節症の原因はかみ合わせ? 〜» 

〜あなたの知らない「顎関節症」治療〜» 

施術料金

初診料

 2,000

施術料

 4,000円

 

初回

 6,000円 税込

(初診料2,000円+施術料4,000円)

2回目以降

 4,000円 税込

※症状はいくつあっても料金は一律です。

滞在時間

滞在時間の目安です。

初回

 約70分

(問診時間20分+施術時間50分)

2回目以降

 約50分

※十分な効果が確認できた時点で早めに終了することがあります。(余分な刺激で回復を妨げないため)

スタッフ

当院では顎関節症に対する専門的な施術を行なっています。

スプリント(マウスピース)では改善されなかった方が多く来院されています。当院の施術を一度試してみてください。

5つの特徴

専門性を高める

タスケには得意分野があります。とくに力を入れているのが「頭痛・めまい・顎関節症・突発性難聴・頚肩腕症候群・腱鞘炎」とその関連症状になります。分野を絞ることで、知識と精度をあげています。

ツボを絞る

ツボ選びは丁寧に行う必要があります。一人一人に合わせたツボを選ぶため、問診を重視しており、ツボはミリ単位で探します。ツボを絞ることで、少ない鍼ではっきりとした効果が出ます。

やさしい鍼

タスケでは強い刺激の施術はしません。極めて細い鍼(はり)を使用しており、ソフトな刺激での施術を心がけています。原因となるツボにアプローチすることができれば、体はしっかりと応えてくれます。その即効性に驚く方も多いのが鍼灸の魅力です。

少ない回数で良くなる

できるだけ少ない回数で良くなっていただくことを目指しています。症状を引き起こしている直接の原因を見つけることで、少ない回数でしっかりと効果を出すことができます。

鍼灸が初めての方も安心

タスケ来院される8割が鍼灸を受けるのが初めての方です。鍼灸院が初めての方でも安心していただける空間を心がけています。しっかりと説明を行い、不安を取り除いてから施術に入りますので遠慮なく「ハリ、初めてです」とお伝えください。 

ご相談ご予約

予約

Google マップ

  • 06-7181-1866
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2019年3月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域

    【大阪府】

    吹田市 茨木市 豊中市

    摂津市 高槻市 箕面市

    大阪市

    【兵庫県】

    神戸市 西宮市 加古川市

    【京都府】

    京都市 大山崎町

  • ツイッター
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 整動協会
    整動協会
  • ツボネット
    ツボネット
Twitter